うめはらなかせの日記みたいな掲示板2

アコースティックギターの前にすべての曲は平等である

なかせさんだーばーど弐号

うめはらなかせをサンダーバードにたとえると、

(たとえる意義はないけれど)

なかせさんはさしずめサンダーバード2号です。

いえ、スタイルのことじゃないんです。

ミッションに応じて搭載する装備を変えるってところが。

 

昨日のライブは3曲だけしか演奏しないので、

しかもなかせさんは公共交通機関で移動するので、

ウクレレのみを持っての出動でした。

 

サンダーバード2号が装備によってコンテナを変えるように、

なかせさんも楽器によって運ぶバッグを変えます。

なかせさん手作りのバッグもあって、

これええやろ~~~と自慢げに見せるところは、

サンダーバードでいうところのオープニングシーン、

1号、2号、3号と順に登場して、

なめるように発進のシークエンスを見せるのと同じですね。

 

ちなみにこの1号、2号、3号と出てくる場面、

テレビ時代劇の「三匹の侍」が一匹、二匹、三匹と登場する、

あのオープニングと妙に符合します。

どちらも「さん」が頭につくし。

 

さて、昨日のライブはシェイクスピア朗読会へのお呼ばれでした。

大阪芸大舞台芸術学科卒業生有志が、
ロミオとジュリエット」「マクベス」「ハムレット」など、
有名な作品の中で「あ、それ聞いたことあるかも」みたいな場面を
朗読で演じられました。

マイクがないから後ろまで聞こえるかなと心配したけど、

さすが発声訓練をしてはる人らは違います。

ようよう聞こえました。

 

で、うめなかの演奏曲は――

猫になりたい(スピッツ

巷のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ(港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカの替え歌)

はじめてのチュウ(あんしんパパ)

(アンコール)

同窓会(シャーリーンの I've Never Been To Meの替え歌)

でした。

聴いてくださった皆さん、主催者の方々、ありがとうございました。