うめはらなかせの日記みたいな掲示板2

アコースティックギターの前にすべての曲は平等である

ステイン・アライブ

今年って、映画「サタデー・ナイト・フィーバー

公開40周年の年だったんですね。

ネットニュースによると、

ジョン・バダム監督、ジョン・トラボルタ主演の同映画は、

1977(昭和52)年に全米で公開され、

世界中でディスコ・ブームを巻き起こしたディスコ映画。

日本では翌年に公開され、国内でもディスコが流行し、

「フィーバー」は流行語にもなった。

ってことで、パチンコでもフィーバーするとか言うてました。

 

映画は見てないんですが、音楽はとても印象に残っています。

なぜって、映画音楽はビージーズが演奏してると聞いたから。

「ステイン・アライヴ」「恋のナイト・フィーバー」「愛はきらめきの中に」

は名曲ぞろいですが、ファルセットボイスとかディスコミュージックとか、

ぼくのなかでのビージーズのイメージを裏切るものでした。

 

ビージーズといえば1971年の「小さな恋のメロディ」です。

「メロディ・フェア」「若葉のころ」「イン・ザ・モーニング」

など、こちらも名曲ぞろい。

うめなかも「メロディ・フェア」をカバーしています。

このあたりのビージーズは、

カントリー・ロック・フォーク風味のあるポップスって感じで、

とてもさわやかなサウンドで、フィーバーとは大違いですよね。

 

さらに初期の頃はぼくでも知ってるヒット曲がいっぱい。

マサチューセッツ」「ワーズ」「ジョーク」「傷心の日々」

大好きだったのがデビュー曲の「ニューヨーク炭鉱の悲劇」です。


Bee Gees - New York Mining Disaster 1941 (HD 16:9)

このタイトル、この転調、このハモ、すべてに、

若かったぼくは参りました。

 

と、ここまでビージーズのことをネットで調べていて、

「ステイン・アライブと胸骨圧迫」

という項目がウィキペディアにあるのを見つけました。

この曲は平均のテンポが103/分ということで、

心臓発作を起こして倒れた人に行う胸骨圧迫(心臓マッサージ)で

推奨されている100/分の速さにほぼ近いということを、

イリノイ大学医学部の研究チームが2008年に発表した。

そのため、胸骨圧迫の速さを覚えるためにもこの曲が使われることが多い。
日本では、「アンパンマンのマーチ」「ドラえもんのうた」「帰ってこいよ」

「Diamonds」「世界に一つだけの花」「夏色」などが、

胸骨圧迫に近いテンポとして推奨されている。

へ~! ですよね。

 

ビージーズの三人組(ギブ三兄弟)はすでに二人が亡くなっていて、

ステイン・アライブしているのはひとりだけ。

そうでしたか。さびしいです。

 

ちなみにぼくは契約書なんかに捨て印を押す場所を間違えたとき、

取り消しもできず、心のなかで「ステイン・アライブ」を、

よく口ずさんでいました。