うめはらなかせの日記みたいな掲示板2

アコースティックギターの前にすべての曲は平等である

小道具はハッタイ粉

図書館ってDVDが借りられるんですね。

(最近は電子書籍の貸し出しも始まったようで)

こないだ借りて見たのが、これ。

鴛鴦歌合戦(おしどりうたがっせん)

1939年(昭和14年)の日活作品です。

戦前というか日中戦争真っ最中の映画なのに、

登場人物が当時最先端のジャズにうたい踊るという、

のん気で明るいミュージカル(?)映画です。

オペレッタ時代劇」と紹介されてます。

 

殿さま役が、えらいセリフがヘタな俳優だなあと思ったら、

ディック・ミネでした。

若い頃ってこんな顔だったんや。

(二枚目とは思えない)

志村喬はまだ若いはずなのに老け役でした。

菅井きんの男優版ですね。

志村喬もうたうんですが、あまりに上手なので、

ディック・ミネが歌手になれと勧めたとか。

 

片岡千恵蔵演じる傘張り浪人に思いを寄せるのが市川春代
なんともかいらしい舌足らずなしゃべり方で、

彼女の父親役が、骨董品道楽の浪人、志村喬です。

 

父親が、傘張りでもらった手間賃を

すぐに骨董品につぎ込んでしまうので、

娘は、お米が食べられない、いつも麦焦がしだと嘆くんです。

麦焦がしって、はったい粉のことなんですね。

子どもの頃に食べた記憶があります。

 

大麦の玄穀を焙煎した上で挽いた粉

ウィキペディアにあります。

夏の季語。

焙煎してあることにより、消化しやすく、

素材の甘みがあり香ばしさがある。

保存性がありながら、いつでも食べられる簡便食、

携行食として重宝されている。

徳川家康の好物であったとされる。

昭和40年代(地方によっては50年代)まで、

子供のおやつとして人気があった。

食べ方としては砂糖を混ぜた上で、

白湯か麦茶で練り上げる方法が一般的であった。

 

我が家で人気はなかったですねえ。

お湯で煉ってどろどろにして食べるか、

砂糖を入れて粉のまま食べるか。

この場合、吹いてしまって飛び散らしたりしてました。

ハッタイ粉というと、いかにもけったいな食べ物に聞こえますが、

麦焦がしというと、なんか香ばしくておいしそうに聞こえません?

www.youtube.com

そんなハッタイ粉が登場するこの映画、

なんと! YouTubeで見られます。

興味のある方はどうぞ。