うめはらなかせの日記みたいな掲示板2

アコースティックギターの前にすべての曲は平等である

ギター艦隊その2

 「艦これ」ってゲームやアニメにあやかって、「ギタこれ」。

ギターを軍艦にたとえるってヘンですけど、

ドレッドノートギターが戦艦の名前から来ているので、

我がギターを軍艦に見立てて紹介する試みの第二弾です。

 

では、うめはらギター連合艦隊を紹介しましょう。

なお、そのギターになんでその軍艦が紐づいているのか、

理由らしい理由はまったくありません。

 

潜水艦シュルクーフ

オベーション・セレブリティ・デラックス

 

f:id:umeharanakase:20200621170740j:plain

単に「オベーションのガット」と読んでます。

セレブリティ・デラックスなんて名前があるとは最近まで知りませんでした。

これ、なかせさんが知り合いの方にもらい受けたギターなんですよね。

モデルナンバーCC253(メイドイン・コリア)

韓国製だったのか!

それも今回初めて知りました。

 

このギター、手の小さいぼくにとってはネック幅が広すぎて

弾きにくいのですが、アンプを通して響く音がいいです。

単独ライブのように曲数が多いときに変化を出したくて、

とくにやわらかい音がほしい場合に使います。

 

潜水艦シュルクーフ:

フランス海軍の潜水艦、名称はシュルクーフ(スルクフ)、1934年に竣工。

フランス休戦後は自由フランスに所属し、その当時世界で最大の潜水艦であった。

 

護衛空母ガンビア・ベイ

ギブソンJ45

 

f:id:umeharanakase:20200621165835j:plain

1999年製のJ45を2016年に買いました。

J50? と間違える人もいるんですけど、J45の色違いですね。

良かったのは嘘みたいに軽いこと(軽いギターはいいギターと思ってるところがあって)

デスクの横に置いてあって、ひょうと取るときに楽です。

 

木が乾いているからか、いい音だし、

満点はなにもなかったのですけれど、

ピックアップが付いてないので、ライブハウスでは一度も使わず、

サロンコンサートでのみ一度使ったきりでした。

その後、新しいギターを買うために下取りに。

お値段、3分の1となりました。 

 

ガンビア・ベイ:

アメリカ海軍の護衛空母カサブランカ級航空母艦の19番艦。

艦名はアラスカにあるアドミラルティ島のガンビア湾に因んで命名された。

砲戦で撃沈された唯一のアメリカ空母である。

 

 駆逐艦リチャード・P・リアリー

 マーチン 00LX1AE

 

f:id:umeharanakase:20200621174405j:plain

 腐ってもマーチン、安くてもマーチン。

マーチンLXシリーズのダブルオー、

ちっちゃくて、ひょうたん型をした00LX1AEです。

通販サイトのサウンドハウスで買いました。

税込みで7万5000円ほど。

 

マーチンっぽい音で、弾きやすくて、ピックアップも付いていて、

お値段以上だと気に入ってはいたのですけれど、重い! 

コンパクトなのに重い!

それもヘッドに重心があるみたいに頭が重いんです。

それがどうにも弾きづらくて、ライブで一回使ったきりで

処分(委託販売)しました。

5分の1ほどの金額で手放しています。

 

リチャード・P・リアリー:

アメリカ海軍のフレッチャー級駆逐艦

1954年3月8日の日米艦艇貸与協定に基づき1959年3月10日に

日本の海上自衛隊に貸与され、以後1960年から15年間、

海上自衛隊護衛艦ゆうぐれ(DD-184) として就役した。

 

こうして振り返ってみると、安もん買いの銭失いを地で行ってますね。

決して自慢できた話じゃありません。

ギブソンJ45とマーチン00LX1AEをお安く手に入れられた方は、

とってもラッキーだったと思います。

どうか末永く愛してあげてくださいませ。