うめはらなかせの日記みたいな掲示板2

アコースティックギターの前にすべての曲は平等である

「E」が付くアン

NHKの海外ドラマ「アンという名の少女」が始まりました。

https://www.youtube.com/watch?v=m9o940AiMso

原作の「赤毛のアン」は読んだことがなくて、

何度もドラマ化、映画化、アニメ化されてますが、

どれも見たことがなくて、ぼくには初アンでした。

 

時は19世紀後半、場所はカナダのプリンス・エドワード島

っていう舞台設定は知ってました。

なんて美しい風景でしょう。

桜が咲いてるのは意外。

切り立った断崖の向こうは海という壮大な景色は、

アイルランドっぽい感じもするし、音楽もアイリッシュです。

www.youtube.com

 

原題は「Anne with an “E”」。

自己紹介するときにアンが言うんです。

名前はアン。

つづりの最後にEがつくと思って呼んで。

Eがつくほうが立派に見えるから

ってことで、「E」が付くアンなんですね。

「EがついたAnne」のほうがおしゃれだとアンは考えているようです。

ジョン・デンバーの「Annie's Song」(緑の風のアニー)も、

元の名は「E」が付くアンなんでしょうか。

 

自分はき量がよくないからと何度も卑下するセリフがあって、

アン役の女の子はちょっとつらいですかね。

でも演技はもうバカうま! 

アンを引き取る年配の兄妹の役者さんも地味だけど、

見せてくれますねえ。

毎週、楽しみなドラマになりそうです。