うめはらなかせの日記みたいな掲示板2

アコースティックギターの前にすべての曲は平等である

最高の助手

いまYouTube上で追っかけしてるミュージシャンが

このジョシュ・ターナー(Josh Turner)という若者。

追っかけるというか、見てると次々出てくるんですね。

レコメンド機能っていうやつ?

www.youtube.com

おっと、これはそんなすごいことやってませんね。

ふつうに上手。

無名の若者かと思ったらウィキペディアに出てました。

 

 ジョシュ・ターナー (Joshua Otis "Josh" Turner ) は、

 アメリカ合衆国のカントリー歌手、俳優。

 2010年のアルバム『Haywire』から第1位となったシングル

『Why Don't We Just Dance』は 彼の最大のヒット曲となった。

 

と思って最大のヒットYouTubeを見たらイケメンが出てきて、

全然別のジョシュ・ターナーでした。

でも、このジョシュもいつか出世しはると思うんですけどねえ。

 

下の演奏、なんて素晴らしい「助手」ぶりじゃないでしょうか。

こういうギタリストが横についててくれたら

うたい手はさぞ心強いでしょう。

カントリー系のリードギターがまたよろしいです。

ハッとさせられるメジャーセブンの和音が光ります。

デヴィッド・ブロムバーグを思い出します。

いいセンスしてますねえ。

www.youtube.com

女性も歌がめっちゃかっこいいです。

 

こういうのを次々見てると、

フォーク・カントリーの人かと思うんですけど、

こんなのも発見したんですねえ。

www.youtube.com

完コピではないのかもしれないですけど、なんでもやってるんやなあ。

でも、ダイアー・ストレイツマーク・ノップラー

チェット・アトキンスに師事してたんでしたっけ。

 

ほかにジャズっぽいのもあります。

大好きなジェームス・テイラーもカバーしてました。

なんでこんな古い歌ばっかりしってるのか。

きっとお父さんのレコードを子どもの頃から聴いてたんでしょうね。

www.youtube.com

F#mを変則的なコードで弾いてます。

こだわる~~~ぅ!