うめはらなかせの日記みたいな掲示板2

アコースティックギターの前にすべての曲は平等である

理想のじいさん

美人ってことで、だれからも異議の出ない女優というと、

アン・ハサウェイだと思うんですねえ。

これが10年以上前だとジュリア・ロバーツ

もっと前だとオードリー・ヘップバーンかしら。

ま、好みは皆さん、おありでしょうが。

日本でいえば北川景子

 

こないだテレビで放映してたマイ・インターン

を録画していて、数日前に見終えました。

www.youtube.com

公式HPに書いてあるあらすじは、

華やかなファッション業界で成功し、結婚してプライベートも充実、

現代女性の理想の人生を送るジュールズ。

そんな彼女の部下にシニア・インターンのベンが雇われる。

最初は40歳も年上のベンに何かとイラつくジュールズだが、

いつしか彼の的確な助言に頼るように。

彼の“豊かな人生経験”が彼女のどんな難問にもアドバイスを用意し、

彼の“シンプルな生き方”はジュールズを変えていく――。

 

若き女性創業者がアン・ハサウェイ

彼女の部下になるのがロバート・デニーロです。

面白かったけど、できすぎ。

70歳のじいさんは、ふつう若者の間でこんなに好かれません。

臭いし、じじむさいし、遅れてるし。

 

ロバート・デニーロダンディーで、チャーミング。

寛容で、年の功的な知恵をいっぱい備えた老紳士を演じてますけど、

現実にそんなスーパーシニアはいないし、

いたとしても若者からしたらおじいちゃんです。

もしかして老境に入りつつある脚本家が、

老後こうあれば理想的という夢を、

映画に託したのかもと想像しました。

調べてみると、監督・脚本を務めたのは、

製作時点で65歳くらいの女性でした。

じいさんじゃなかった。

 

実をいうと、このぼくはロバート・デニーロと似た立場で働いています。

ディレクターは20~30代の女性であることが多くて、

彼女たちの指示を受けて動きます。

言葉が聞き取れなくて、え? というと笑われます。

耳が遠いと思われるのでしょう。

ときに小言を言われたりもしますが、

60代のじいさんライターを、それなりに立ててはくれます。

だけど、プライベートなことについてとか、

仕事に関してすら、人生の先輩から助言を聴きたいとか、

そんなことはまったく思われていません。

自分流が一番と思っているのでしょう。

ほかのアプローチがあるなんて想像の外なのかも。

 

気兼ねなくしゃべったり、お茶を飲んだりできるのは

やっぱり若い人同士に決まってるし、ぼくもそれはよく心得てます。

仕事が終わったらさっさと別れてあげます。

若い人たちの間で老人が居場所を見つけるって難しいもんです。

知ってる言葉も違えば、生活習慣もまるで違います。

 

この映画を観て、なにか得たものがあるとしたら、なにかしら。

いろんなファッションで登場するアン・ハサウェイを見るのが

じいさんの眼の肥やしってことかなあ。

間違ってもこの映画のロバート・デニーロを目指しちゃいけません。

年寄りはもっとひねくれてなくっちゃ。