うめはらなかせの日記みたいな掲示板2

アコースティックギターの前にすべての曲は平等である

デヴィッド・ボウイ方式

いまNHKのBSでやってる

刑事ルーサー

というBBC製ドラマが面白いです。

同じ時間帯で、これの前にアガサ・クリスティーのドラマがあって、

それを録画していたら、終わったあとも録画されてて、

なんの気なしに見たら思わぬ拾い物でした。

結局、クリスティーはまだ見てないんですけどね。

www4.nhk.or.jp

 

主人公は黒人刑事ルーサー。

偏執的なまでに捜査にのめりこむ型破りな刑事です。

そういう主人公は刑事ドラマの定番ですけど、

その偏執ぶりを理解する人間は警察の中にはいなくて、

同類である偏執的犯罪者のみ。

いつの間にかその犯罪者と疑似的な友情関係で結ばれる、

(女性なので疑似的な恋愛関係になるかも?)

という仕立てはなかなかユニークです。

まあ、そういうこじれた関係もこうしたドラマでは

珍しくないかもしれないけど。

 

ドラマの中で、こんな会話が出てきます。

ルーサーは40代くらいですかね。

刑事部屋の床に写真やら資料を、

自分を中心に放射状に広げて見下ろしています。

そこへ若い刑事Bが入ってきて、

なにをしているのかルーサーAに訊ねます。

 

A これはカットアップ技法といって、

  素材をランダムに切り刻んで、

  新しい形やパターンを探る。
B どこで学んだんです?
A デヴィッド・ボウイ。こうして歌詞を作ってたそうだ。
B ファンなんだ。
A ファンには見えないか?
B エイリアンの歌とかどうなんですかね。
A ボウイはエイリアンだけじゃない、今度テープをつくってきてやる。
B え! いまどきテープ?
A ああ。
C デヴィッド・ボウイ方式か……

 

最後のCはルーサーと同年輩の刑事です。

見てすぐにデヴィッド・ボウイ方式とわかるってことは、

それだけ有名なんでしょうか。

日本でいうならさしずめKJ法?

エイリアンの歌とは「スターマン」のことかしら。

 

刑事ルーサーは、シーズン5まで製作されてるそうです。

Hulu(フールー)なんかでは見られるみたい。

でも受信料をちゃんと払ってるので、

NHKでやってくれるのを楽しみに待つとします。