うめはらなかせの日記みたいな掲示板2

アコースティックギターの前にすべての曲は平等である

セミの聲の形

昨日、たまたまテレビをつけたら、

NHKの京都制作のドキュメンタリーをやっていて、

途中からですが、最後まで見てしまいました。

先月に起こった、あの京都アニメーション放火事件で、

被害に遭われた方の親御さんを取材したものでした。

娘さんはアニメ作品の細部の色彩を調整する

特殊効果を担当しておられたそうです。

 

正直なところ、この事件が起きるまで、

ぼくは京都アニメーションという存在や、

その作品が世界中でこれほど愛されていたとは知りませんでした。

アニメファンでもない一般人はそういうものですね。

涼宮ハルヒの憂鬱」「けいおん!はテレビで見てましたけど、

制作会社がどことかって意識はしていませんでした。

 

昨日のドキュメンタリーでは、お亡くなりになった女性が、

映画聲の形で仕上げを担当した津田幸恵さんと紹介されました。

そのタイトルを聞いて、そういえばと思い出しました。

聲の形はこの日記で紹介していたのです。

umeharanakase.hatenablog.com

 

これはもう素晴らしかったです。

2時間、ほんとに中身の濃い映画でした。

とぼくは絶賛してるわけで、

本当にいい仕事をされてた方たちだったんだなと、

改めて実感しました。

 

朝の5時にこれを書いています。

もうセミの声が全開です。

それは追悼の声のように聴こえます。

お亡くなりになられた⽅々、

本当にお気の毒としかいいようがありません。

謹んでお悔やみ申しあげます。

また、負傷された皆様のご回復をお祈りいたします。