うめはらなかせの日記みたいな掲示板2

アコースティックギターの前にすべての曲は平等である

ママはライバル

純アリスさん12日、がんのため死去、66歳。

 

というネットニュースを見て、

ああ、そうそう、見てた見てたと思い出しました。

f:id:umeharanakase:20190716214739j:plain

 

1972年にドラマ「ママはライバル」で女優デビュー。

とありますから、そのときぼくは19歳かあ。

上品でかいらしいママ役でした。

ウィキペディアで調べると、

主演の岡崎友紀(早乙女ツバサ)の同級生であり、

父親役の高橋悦史の再婚相手となる。

 

そやったそやった。

お父さんは国際線パイロットで高橋悦史

制服が似合ってました。

この岡崎友紀のドラマシリーズが好きで前から見てたんです。

最初が、

おくさまは18歳 (1970-1971)

高校時代から見てたことになります。

 

あらすじは――

密かに結婚したカップルが共に学園生活を送る青春コメディ。

同じ学校の教師と生徒が婚姻関係にあるのを隠して高校に通う。

主人公は高木飛鳥と高木哲也。

そやったそやった。

主演は岡崎友紀石立鉄男です。

うつみみどり(現・うつみ宮土理)演ずる花咲ユメ子が発する

「くやしいわ、くやしいわ、なんだかとってもくやしいわ」

ああ、このセリフも懐かしい。

松坂慶子とも共演してたんですね。

すっかり忘れてました。

www.youtube.com

このドラマの主題歌、いまでもうたえます。

 

続けて、
なんたって18歳! (1971-1972)

あらすじは――

大財閥の令嬢・まどかは家訓により18歳になったら

祖母と母親の決めた許婚・竜二と結婚しなくてはならなくなっていた。

そんな息苦しい家を飛び出した彼女は「はるか」と偽名を使い、

婿養子で一家では弱い立場にあった父親の経営するバス会社に

バスガイドとして就職する。

バスガイド「青山はるか」として働き始めたまどかは、

失敗を繰り返し上司からは「最低最悪」とまで呼ばれるが、

持ち前の明るさで乗り越えていく。

これも見てました。思い出してきました。

この「最低最悪」は堀ちえみの「スチュワーデス物語」で、

「ドジでノロマな亀」に通じますね。

このときの婚約者役が浜田光夫

年の差があったような気がしました。

 

岡崎友紀は健康的で、変な色気を出さない

理想のコメディエンヌだったんじゃないでしょうか。

罪のないドラマでした。

ぼくは単にきれいな脚が好きで見てたのかもしれませんが。

 

あれからあっという間に半世紀が過ぎて、

純アリスの訃報を知るということに。

66歳、早いですね。

さびしいことです。