うめはらなかせの日記みたいな掲示板2

アコースティックギターの前にすべての曲は平等である

最後うどん

これまで大河ドラマのオープニングシーンって、

早送りしてたんですけど、

いまやってる「西郷どん」のオープニングはけっこう好きで、

ついつい音楽に聴き入ってしまいます。


大河ドラマ「西郷どん」テーマ曲(オープニング映像)

 

オープニングのテーマ曲には明快な主題があって、

それが薩摩や奄美の美しい映像とともに、生き生きと展開していきます。

明治維新という「坂の上の雲」を目指して、

駆け上がっていくようなワクワク感のある曲調で、

日本的なメロディーでありながらも、西洋音楽の、

とくにハリウッドの映画音楽的な、

「あるある」の定番処理を施しながら、

ぐいぐい引っ張っていく力強さを感じさせます。

 

ここで弦が入って、ピッコロがこんなふうに鳴って、

ティンパニーが轟いてと、オーケストラならではの音楽的醍醐味があって、

途中からは沖縄民謡ふうの女性ヴォーカルが、そして三線が、異彩を放ち、

最後は、あんたスーパーマンか! ってくらい盛り上げて

ジャ~~~ン!  って終わり方です。

なんちゅう、単純明快さ。

ポピュラーミュージックとクラシックが融合した、

ほんとに勇壮でなじみやすい音楽です。

 

これ、作曲した人、だれやろかって調べたら、

富貴(ふうき)晴美さんっていう、まだ33歳の女性だというのでびっくり。
ドラマや映画、CMなど様々方面に楽曲を提供する超売れっ子らしいです。

 ネットによると、


1985年生まれ 大阪府出身。国立音楽大学作曲専攻を首席で卒業。

4歳からピアノを始めて、12歳から作曲も手がける。

在学中よりCM音楽、映画音楽の作曲やアーティストへの楽曲提供を始め、

幅広い音楽分野で活躍。

2013年「わが母の記」で第36回日本アカデミー賞音楽賞優秀賞を最年少で受賞。

2016年「日本のいちばん長い日」で2度目の日本アカデミー賞音楽賞優秀賞受賞。

主な作品
テレビドラマ:「日曜劇場SCANDAL」「非婚同盟」「明日の光をつかめ

明日の光をつかめ2」「花嫁のれん」など

映画:「審理」「山のあなた −徳市の恋−」「余命」「京都太秦物語」

「曇天クラッシュ」「わが母の記」「はじまりのみち」「RETURN」など

CM:「三井住友銀行」「SUNTORY なっちゃん」「メナード化粧品 イルネージュ」

「共同募金 赤い羽」「キリンビバレッジ 午後の紅茶」など多数

 

いや~、大変なご活躍で。

 

ちなみに「さいごうどん」と打つと「最後うどん」と変換されました。

実はこのタイトル、「西郷(せご)どん」なんですよね。