うめはらなかせの日記みたいな掲示板2

アコースティックギターの前にすべての曲は平等である

アコースティック編曲大賞

ぼくの子どもの頃にはたくさんの洋楽ヒットがありました。

 多様な言語、多様なジャンルの歌が流行りました。

そのひとつがフランス・ギャルの「夢見るシャンソン人形」です。

ダニエル・ビダルより前だったでしょう。

YouTubeで久しぶりに日本語版を聴いてみると、

ばかにするなかれ。

シャンソン人形はシャンソン人魚に聴こえますけど、

しっかり歌詞を表現する意図が感じられて、

歌ってこういうふうにうたわなきゃって思わせられます。

 

で、これを日本でカバーしたのは弘田三枝子だったんでしょうか。

よく覚えてませんが。

洋楽がヒットすると必ず日本語カバーが出て、

これもまたヒットするというのが、

ぼくの子どもの頃のあるあるでした。

 

そして、ああた、見つけたんです。

石川ひとみの「夢見るシャンソン人形」。

このギターアレンジの、なんとユニークで、美しいことでしょう。

実は「夢見るシャンソン人形」って、奥が深くて哀切な内容です。

その歌詞の世界を掘り下げた優れた編曲だと思います。

リズムもコードも変えてあります。

もしかして変則チューニング? もしかしてガロが弾いてる?

アコースティックギターのアンサンブルで

独自の世界をつくりあげています。

ぜひ、ご賞味あれ。

www.youtube.com