うめはらなかせの日記みたいな掲示板2

アコースティックギターの前にすべての曲は平等である

ほんとに久しぶりだね

サワコの朝」の話です。

ちょっと前にかしまし娘正司照枝が出ています。

84歳。

意外だったのは好きな歌手にエリック・クラプトンをあげてたことです。

渋いですねえ。

もう一人、いま「陸王」で共演している寺尾聰のファンでもあって、

この人もギターを弾きます。

かしまし娘インストゥルメンタルをやってたほどだから、

照枝姉ちゃんもギタリストの血が騒ぐんでしょうか。

 

その前の回でしたっけ、作詞家の松本隆が出ていて、

この人もやっぱり寺尾聰のファンだったんですって。

ザ・サベージっていうバンド時代から憧れてたそうで。

宇野重吉の息子”って言われてた頃ですよね。

サベージって野蛮?

ぼくはサルベージと間違ってました。

「いつまでもいつまでも」「この手のひらに愛を」がヒットしましたね。

いま聴くと懐かしのフォークです。

そのサベージの寺尾聰から作詞の依頼があったので、

松本隆はうれしくて、「風の街」っていう一番お気に入りの言葉を使って、

ルビーの指環」を書いたそうです。

 

ぼくにとって寺尾聰の思い出の曲といえば、

大昔、NHKの連続ドラマで彼がギターの弾き語りをしていた、

「ほんとに久しぶりだね」という劇中歌です。

おしゃれな曲でねえ。

まさかYouTubeにないだろうと思って検索したら出てきた!


ほんとに久しぶりだね  寺尾 聡

 

ほんとに久しぶりだね~~~~