うめはらなかせの日記みたいな掲示板2

アコースティックギターの前にすべての曲は平等である

往復ビンタ二題

なんか急に涼しくなりましたよね。

いつもみたいに半そで半ズボンでは寒いくらい。

便座にもスイッチを入れました。

 

今朝の新聞を読んでたら週刊誌の広告の見出しに、

 

 日野皓正、中学生の髪つかみ往復ビンタ

 

というのがあって、びっくり。

 

いったいなんでまた、こんなことになるのでしょう。

ぼくなんか練習が思い通りいかなくて、ついカッとなることはあっても、

なかせさんに手を出すなんて、ありえないです。

そこをぐっと我慢するから10年続いてるわけで……。

 

大学時代、音程が狂うとバンドリーダーに蹴られたことはあったので、

音楽活動にもしごき的な側面がないわけではないとは知ってはいますが、

それにしてもこんな一流ミュージシャンがコンサートの壇上で、

中学生に往復ビンタするなんて、どんな事情があったのでしょう。

 

生徒のソロパートの演奏が長くなりすぎたので、止めようとした

と日野皓正は説明しているそうですが、

そんな理由でいきなり往復ビンタはないですよね。

東京都世田谷区のコンサート会場で、

リアルタイムでこれを目撃したお客さん、

どんな気分だったでしょう。

 

もうひとつのビンタは大阪・梅田。

ぼくはときどき大阪の地下鉄を利用するのですけれど、

パンの神戸屋が地下街に小さな店舗を構えていることは知っています。

ぼくもときどき前を通っていたその店(阪神梅田駅店)で、

女性パート従業員(28)が男性パート従業員(22)に

パン切り包丁で頭を斬りつけて床が血だらけになった

という記事が最近ありました。

 

男性が斬りつけた理由は、女性に顔を何度も平手打ちされたから。

それで男性がカッとなったということです。

接客態度のことで注意されている最中のようですね。

なにより女性が男性を平手打ちするのにびっくり。

ぼくみたいに、ひとを殴ったことが一度もないって人間は、

どんなにとっさのときでも、やっぱり手は出ないと思います。

だから、この女性、過去にも怒りに任せて手が出てたんじゃないかと

勝手な想像をしています。

 

世の中、イライラしてる人が増えてるんですかねえ。

かたや音楽、かたや食べ物という、

心とからだを満たしてくれるはずのものを提供する場で、

こんなことになるなんて。

辛抱辛抱、辛抱が大事でっせ~~~

辛抱しすぎて髪の毛抜けたけど~~~