うめはらなかせの日記みたいな掲示板2

アコースティックギターの前にすべての曲は平等である

ランゲルハンス島(じまー)の貢献

映画「ローン・レンジャー」をやっと見たんです。

ジョニー・デップインディアンのトント役してるやつ。

「ハイヨー・シルバー」とか「キモサベ」とか

懐かしいセリフが出てきます。

 

なにより懐かしいのがテーマ曲の「ウィリアムテル序曲」ですね。

ラストでたっぷり流れるんですが、

途中からオリジナル曲に変わっていきます。

 

www.youtube.com

勇壮ながら、かつ哀調もある、実に美しいメロディーです。

なんか奥行き、深みを感じさせるし、盛り上げ方がハンパないです。

作曲者はドイツ人のハンス・ジマー

ものすごい数の映画音楽を担当してますね。

 

ウィキペディアによれば、

1988年の『レインマン』の音楽がアカデミー賞にノミネートされ、一躍脚光を浴びる。1994年の『ライオン・キング』でアカデミー作曲賞および、ゴールデングローブ賞を受賞する。

また、2001年には、『パール・ハーバー』でアカデミー音響賞など2部門を受賞するなど、特にジェリー・ブラッカイマー製作による作品との関わリ合いが多いことでも知られる。

シンセサイザーとオーケストラをミックスさせた、壮大で耳当たりの良いメロディアスな楽曲が特徴的である。

となっています。

傑作選がこれ。

www.youtube.com

レインマン」「グラディエイター」、どれもよろしいなあ。

オーケストラで聴いてみたいと思いました。

パイレーツ・オブ・カリビアン」なんて本編より、

映画音楽のほうがいいんじゃないかと思うくらい映画に貢献してます。

 

実はこのハンス・ジマー、うめなかもうたってる

「ラジオスターの悲劇」、バグルズがこれを

レコーディングしたときのメンバーだったそうです。

へ~~! と思いました。